若旦那 qtack の 『オススメ!洋楽の名曲』

酒屋の若旦那 qtack が、メジャー/マイナー問わず名曲たちを取り上げる、音楽好きの方のためのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝型になりたいと思いながら、こんな時間に書いてます。

観る前にワン・クリックしてくれると、嬉しいです!


これもMTVが流行だして、色んなPVが出てくる中、
この時期のPVの出来不出来のものさし一つになったビデオ。

かなりのコマ撮りをしていて、撮影時間もかなりかかったようだ。
昔観たインタヴューでは、ピーターが顔の周りに長時間魚を置かれて
臭かったとコメントしていたっけ。

プログレ出身のピーター・ガブリエルが、今回はモータウンに挑戦!
まあ好きなんでしょうけどね。
無理してやったわけではないと思ってます。
フィル・コリンズが、シュープリームスのカヴァーで売れたしね。
俺だって!という気持ちがあったのか・・・?
ピーター若いから、まだ髪ふさふさだ。
今はショーン・コネリーが、もっと禿げ上がった感じだもんね。
時間が経つのは早い。

Peter Gabriel - Sledgehammer



ちなみに最近のそっくりなビデオ
Death Cab for Cutie - Crooked Teeth



監督が同じかは、調べてみて下さい。
どちらも良い曲ですね。
スポンサーサイト
You Tube で、昔観た New Order - Perfect Kiss の
ロング・ヴァージョンプロモを発見!
懐かしく観てしまいました。

「完璧なKiss、それは死の接吻」

10分近くもあるのに、魅せられてしまう・・・。
演奏も歌も下手なのに・・・。
恐るべしNew Order。

観る前にワン・クリックしてくれると、嬉しいです!


New Order - Perfect Kiss



楽器やって無くても、コードすぐ探せたもんね、この曲。
ピーター・フックのベースラインは、やはり印象的。
バーナード・サムナーのギターより上手いんじゃないか?
この時代は、ホントセンス1発でもいける時代でした。
でもNew Orderは、ちゃんと生き残ったもんね。
Newアルバムは、もう出ないのかな?
不仲話出たけど、また出してくれ、バーニー、フッキー!
Blurといったら、次はOasisでしょう。

ランキング参加してます。あなたの清き1票を。


Oasis - Live Forever



インスパイラル・カーペッツのローディーをして
いつかは俺もと思っていた男に、
まさかこんな才能があったとは、
お釈迦様でも気がつかなかったか?
インスパのメンバーが気がついていたら、
今頃また違った展開になってたはず。
まあ観たいとは思わないけど。

この曲を初めて聴いて、ぶっ飛んだが、
メンバーもノエルに初めて聴かされたときは、
口をあんぐりあけて聴いていたそうだ。
身近に天才がいた訳だからね。

その後2ndが大ヒット!
私も大好きで、10年に1枚の傑作だと思ってます。

Drのメガネくんは、この頃からイジられてたのか。
埋められるとは、カワイそうに・・・。

まあとりあえず今日は Live Forever で。
ランキング参加してます。応援宜しくお願い致します。


洋楽ファンの皆様、初めまして。
また、いつもお立ち寄りいただいている方は、ありがとうございます。

お酒ファンの方、今しばらくお待ちくださいm(__)m

私は酒屋の若旦那 qtack と申します。
14歳頃から洋楽を聴き続け、早20余年。
実際はもっと小さい頃から、親が聴いていたAMラジオから流れる
ビリー・ジョエルやアバ、etcを楽しく聴いていました。

今は色んな情報もネットでさっと検索できる世の中ですが、
情報量も多い分だけ、見つけられず、また忘れられる名曲達が
どれだけあるでしょうか?

そんな曲やアルバムを、紹介していければと思っております。

今日はその気持ちを踏まえて、この1曲です。


Blur 『for tomorrow』
とりあえず、こちらは音楽版ブログに変えました。

ランキング参加してます。応援宜しくお願い致します。


お酒の方は、別にもう一つ作ります。

タイトルも、

若旦那 qtack の 『オススメ!洋楽の名曲』

に変更!

これから期待して下さい!!
近日中に、酒と音楽にブログを分けようと思います。
タイトルも変えて、より濃い内容にしていきたいと思います。

応援宜しくお願い致します。あなたの1押しが私の幸せです。


友人聴きたがっていた、

ELO (Electric Light Orchestra) - Last Train To London

応援宜しくお願い致します。
←押してね♪

タマに観たくなる。
ラストの振り向きざまが好きだった。

Talking Heads - And She Was



高1(かな?)の時に、渋谷のレイトショーで、
Headsの『Stop Making Sence』を友達と観に行き、
衝撃を受けて帰ってきたのを思い出す。
テレビでも、その当時頻繁に流れていた
あのダボダボスーツのやつである。

Talking Heads-Psycho Killer


LIVEスタートはバーンがギターとラジカセ1つで出てきて
『サイコ・キラー』を歌う。
その間に、次の段階へのステージがセットされていき、
何曲か終わると、ステージが出来上がるという次第。

Talking Heads - Girlfriend Is Better


また照明もほぼ普通のライトのみといった感じで、
コンサートという色使いではない。

色んな意味で、LIVE映画(ビデオ)の基準を作ってしまった作品。

DVDプレーヤーかったら、買いたいソフトだ。
(まだ持ってないのかって?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。