若旦那 qtack の 『オススメ!洋楽の名曲』

酒屋の若旦那 qtack が、メジャー/マイナー問わず名曲たちを取り上げる、音楽好きの方のためのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
珍しくまめに書いてますので、応援宜しくお願いします。ポチッとな。
   ↓


Sugar である。

ウェディング・ベルじゃないよ。

もう17・18年前の曲だが、やはりカッコイイ。
ソリッドなギター・カッティング。

この曲はセカンドアルバムに入っているのだが、
ファーストのグランジが台頭してきている頃よりも
よりPOPな仕上がりになっている。

2nd 『File Under: Easy Listening』
File Under Easy Listening


当時のインタヴューには、初期ビートルズを聴きまくったそうだ。
たしか『With the Beatles』と言ってたと思う。
あのタイトなカッコよさを、今風(90年代的)に
出そうとしたようだ。
で、この曲や、他のアルバム曲も良く出来ている。

Voのボブ・モウルドの歌い上げるタイプの曲は
メロディーがしみるのだ。
この曲は、さっき書いたソリッド系です。

Gee Angel by Sugar



そういえば昔、渋谷でスクイーズのLIVEを観に行った時
遅刻しそうなのに、前もってちゃんと調べてなかったから、
思い込みでクワトロに入ったら、ボブがLIVEやってて、ビックリしたことがあった。
モギリの姉ちゃんも、ちゃんと観て無いんだから。

取りあえず出て、オンエアー・イーストへ向かい
事情を説明して入れてもらった。

でも選曲がよくなくて、そのままボブ・モウルド観てりゃ良かった
と思ったのであった。

1st 2nd どちらも良いアルバムでありながら、中古屋行けば
500円以内で買えるので、是非聴いてみて下さい。
スポンサーサイト
読む前にポチッ。応援宜しくお願いします!



マックは、この前のアルバム『Mirage』から入ったクチなのだが、
大味さと、エスニック感、そしてちょっと斜な感じ(リンジーとスティーヴィーね)
が、やっぱりイイ。
昔のブルースバンドの頃が好きな人は、駄目なのかな?

プロモのラストの展開に、最初は「やられた」って感じでした。
1度見ればナンデすが。

アルバム:Tango in the Night
Tango in the Night


Fleetwood Mac - Big Love
応援宜しくお願いします!




好きなのよ~。

パンクでアートで、でもPOP。
激しいときは激しいし。

「ロックでなければ、何でもいい」

楽器はバンドを組んでから、始めたそうだ。

『154』は難解に感じるアルバムみたいだけど、
154
歌詞は全く読んだことないからなあ。
あまりそう感じないqtackです。
曲調もわざといじくり回してるかも知れないけど、
気持ちいいのだ。
特に好きなのが、コレ↓

Wire - Map Ref. 41°N 93°W


サビのコーラスがラストしかハモってないが、
レコーディングは綺麗にやってます。
生はこれが限界ということか。
サウンドもちょっと雑だけど。
ね。いいでしょ?
一応オリジナルも、載せとこ。

応援宜しくお願いします。観る前にポチッと押して下さい。



ホントは、エリオット・イーストンのソロ曲を探していたのだが、
出てくるのは、太ったエリオットの画像ばかりで・・・
実家からレコード持ってこよう。

いやー、
今日まで知りませんでした。
ベンジャミン・オールなのね、『Just What I Needed』のVo取ってるの。
古いのは、結構そうなのか。
知らなかった。
『Drive』とかは知ってたけど。
みなシングルとかはリックだと思ってました。反省。

The Cars - Just What I Needed


若い頃は、声似てない?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。