若旦那 qtack の 『オススメ!洋楽の名曲』

酒屋の若旦那 qtack が、メジャー/マイナー問わず名曲たちを取り上げる、音楽好きの方のためのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も先にポチッ。応援宜しくお願いします!



変化していったノイズ・ミュージック。

その先にあったのは、ビートを強力にしたボディ・ミュージック。

キャバレー・ヴォルテールやSPKなんかが、
その方向に進んで行くのだが。

Cabaret Voltaire - Crackdown
Crackdown.jpg

SPK - Machine Age Voodoo
Machine Age Voodoo

キャバちゃんの方は、結構キチンとした地位を確立していくのに、
SPKは、女性Voが入ったり、
あまりにもダンスダンスしてしまい、
ひよった呼ばわりされたんじゃないかと勝手に思ってます。
(なんせ元は、ホワイトハウスと大差ない音でしたから)

大音量で聴いた方が気持ちいいですよ。

Cabaret Voltaire - Crackdown


まだボディ・ミュージックの初期段階の音です。


かたやインダストリアル系は、ハードコアの要素が加わって、
より硬質なビートをたたき出すようになります。

私の好きなのは、ジム・フィータス。

しかし、好きなのがYou Tubeに無いので・・・

バリバリにその影響を受けたであろう、ナイン・インチ・ネイルズの
初期代表曲『SIN』を。

Pretty Hate Machine

1991年、このアルバム『Pretty Hate Machine』は聴きまくりました。
出向先のTDLに向かう車で、かけまくっていたのを思い出します。

SIN - Nine Inch Nails ( Live )


数年前来日した時の新木場STUDIO COAST も、圧巻の一言でした。
PAも良くなっていて、まるでCDを聴いているかのような音にもビックリでしたが。
音の抜けの良さと、死角の無さ。
トレントのこだわりが、こんなところにも出てるのかなと感じたものです。


このシリーズは一先ずこれで。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sakeworkmusic.blog61.fc2.com/tb.php/218-233c6bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。