若旦那 qtack の 『オススメ!洋楽の名曲』

酒屋の若旦那 qtack が、メジャー/マイナー問わず名曲たちを取り上げる、音楽好きの方のためのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はとても興味深い話を
見つけたので、書いてみます。

載っていたブログは、最後に紹介しますね。

................................................

ジェリーはアメリカのあるレストランの店長です。
彼はいつも機嫌がよく,ポジティブなことを言います。
誰かが彼のご機嫌を訊ねれば,

「今日は特に気分がいいよ」

といつも答えていました。

彼と同じレストランで働くウェイター達の多くは,
彼がその店を辞めると一緒にやめてしまいます。
そしてレストランからレストランへと,
彼と一緒にわたっていくのです。

なぜそんなについて周るのかと言うと,
彼の態度がいいからです。

彼は天性のモチベーターなのです。
誰かが不機嫌になっているときは,
ジェリーがいつもそばにいて,
その人にその状況のポジティブな側面を
見るようにアドバイスするのです。

彼のこのような態度を見るにつけ,
私はとても興味深くなりました。

ある日,私はジェリーに聞いてみました。

「僕には全くわからないよ。
常にポジティブでいられる人なんていないはずだ。
一体どうやってやるんだい?」

ジェリーはこう答えました。

「毎朝起きると自分自身に言い聞かせるんだ。
今日は2つの選択肢がある,

ご機嫌でいようか,
不機嫌でいようか,の2つだ。

僕はいつもご機嫌でいるほうを選ぶ。

何か悪いことが起こったときは,
被害者になるか,そこから学ぶ人になるか,
の2つから選ぶ。

僕はいつもそこから学ぶ人を選ぶ。

誰かが僕に愚痴を言ってきたときは,
その愚痴を単純に受け入れるか,
人生のポジティブな側面を指摘してあげるか,
の2つから選ぶ。

僕はいつも人生のポジティブな側面を指摘してあげる。」


「でもいつもそんなに簡単にはいかないでしょ?」
私は反論しました。

「いや簡単だよ。」
ジェリーは答えました。

「人生は選択なんだ。
余計なものを取り除くと,
全ての事象は選択になる。

人はいろいろな状況に対して
どう対応するかを選ぶんだ。

あなた自身が,他人が言うことに対して
どう感じるかを選ぶんだ。

ご機嫌でいるか,不機嫌でいるかを
選ぶのはあなたなんだ。

人生をどう生きるかはあなたの選択だ。」


数年後,ジェリーは不覚にもレストランでは
絶対にやってはならないことをやってしまいました。

ある朝,彼は店の裏戸のカギを閉め忘れてしまったのです。

そしてそれが原因で3人組の強盗に襲われてしまったのです。

ジェリーは脅されて金庫のカギを開けようとしましたが,
緊張から手が震えてなかなか開けられませんでした。

強盗はパニックになって,銃で彼を撃ってしまったのです。

幸運にも,ジェリーはすぐに発見され,病院に運びこまれました。

18時間に及ぶ手術と何週間にも及ぶ集中治療のおかげで,
身体の中に弾の破片の一部がまだ残ったままではありましたが,
ジェリーは退院しました。


私はそんな事件から6ヶ月後にジェリーに会いました。

彼のご機嫌を伺うと,

「今日は特に気分がいいよ。傷跡を見るかい?」と言いました。

私は傷を見ることは辞退しましたが,
強盗にあったときに何を思ったのかを聞きました。

「まず最初に思ったことは,
裏戸を閉めておくべきだったということだね。」
ジェリーは言いました。

「強盗が僕を撃った後,床に倒れながら思ったことは,
僕には2つの選択肢があるということだ。

生きようか,死のうか,の2つだ。

僕は生きる方を選んだ。」


「怖くなかったの?」私は聞きました。

ジェリーは続いていいました。

「救急隊の連中はよかったよ。
僕に,大丈夫だからね,と繰り返し言ってくれた。

でも,救急治療室に運び込まれて,
医者や看護婦の表情を見ると怖くなった。

彼らの目には,"こいつはもう死人だな",と書いてあるんだ。
ここで何かしなきゃいかんと思った。」


「それでどうしたの?」私は聞きました。


「それでね,大柄な看護婦が僕に大声で質問をしてきた。」
ジェリーは言いました。

「彼女は僕に何かのアレルギーがあるかと聞いてきた。
僕は"ある"と答えた。

医者と看護婦は僕の答えを聞こうと動きを止めた。

僕は深呼吸をして叫んだ

「"弾だ!"。」

彼らの笑い声をかき消すように僕は言った。

「"僕は生きることにした。

僕は死んだんじゃなくて,
生きていることを前提に手術をお願いします。"」


ジェリーは生きた。

医者の技術もさることながら,
彼の驚異的な態度のおかげである。

私は彼から,人生を楽しむか,嫌うかの選択を
毎日することができることを学んだ。

本当の意味であなただけのもの,
他の誰にもコントロールされず,
奪われることのないもの,
それはあなたの態度です。

それがわかれば,
人生の全てのことにおいてかなり楽になるはずです。


今,あなたには2つの選択肢があります。

① この文章を自分が読んで終わりにする。
② この文章を身近な人に勧める。

②の選択肢を選んでいただけることを期待します。


私はそうしました。

................................................

この文は、めん工房 むぎきり屋さんの店長の、

『幸せになるためのちょっといい話し・・・』
http://mugikiri.exblog.jp/

より、転載させていただきました。
他にも良い話が沢山あるので、皆さん行ってみてね。
スポンサーサイト
コメント
こちらこそ m(__)m
宜しくお願いいたします。
私もBANDをやっていたことがありましたが、
全員社会人の為、今は活動休止状態です。
DTMでも始めようかなと思っております。
今度プレイヤーズ王国も、聴きに行きますね。
検索はヒコ様で宜しいのでしょうか?
2006/08/23(水) 12:54:41 | URL | qtack #-[ 編集]
はじめまして
コメントありがとうございました。
おまけに当ブログまで紹介していただき感謝いたします。
音楽も好きなようですが、私も大好きで昔やっていたバンド活動をそろそろまた再開してみようかななどと考えています。
ヤマハのプレイヤーズ王国にも参加して自作曲を公開したりしております。
今後ともよろしくお願いします。
2006/08/23(水) 09:43:42 | URL | ヒコ #7iSbDyII[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sakeworkmusic.blog61.fc2.com/tb.php/52-f140ef70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。